2021年 12月03日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2020.08.18 08:40

全国初!宿毛市の横瀬川ダム壁面でクライミング 予約制で月2回開放

SHARE

一般開放が始まったダム壁面のクライミング施設(宿毛市の横瀬川ダム)

 高知県の宿毛市観光協会はこのほど、横瀬川ダム(宿毛市山奈町山田)の壁面に全国で初めて整備されたクライミング施設の一般開放(有料)を始めた。毎月第2、第4日曜日で予約制。

 施設は国土交通省の協力を得て市が整備し、昨年秋に完成。地上約63メートルにあるダム壁面の通用口付近から、堤頂に至る約8メートルのコースが二つある。それぞれ25個ずつ自然石のホールド(突起物)が設置され、命綱を着けてよじ登る。

 これまではイベントなどに限って開放していたが、観光促進へ有効活用しようと、宿毛市観光協会が7月から予約受け付けを開始。ただ、7月の開放日は天候不良で利用不可となっていた。

 開放初日の8月9日は3人が利用。ダム愛好家で茨城県から訪れた猪野光太郎さん(27)は「実際に登ると思った以上に臨場感があって面白い」と笑顔で話していた。

 利用は午前10時、11時15分、午後1時、2時15分からの1時間で、料金は500円(中学生以下250円)。新型コロナウイルスの感染防止のため、当面は定員を各回5人とする。

 予約は宿毛市観光協会(0880・63・0801)か、幡多広域観光協議会のホームページから。 (新妻亮太)

高知のニュース 宿毛市 観光

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月