2022年 06月27日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2020.08.06 08:30

【戦後75年 言葉を刻む】突然、目の前が真っ黄色になり、影がなくなった

SHARE


突然、目の前が真っ黄色になり、影がなくなった
 (高知市、植野克彦さん)
 
 中学1年だった8月6日、広島市の爆心地から約1・5キロ南で被爆した。級友たちと学校農園へ向かう途中、すさまじい爆風で吹き飛ばされ、熱線で焼かれた背中の皮はずるりとむけた。数時間歩いて病院にたどり着き、意識を失った。
 
 目を覚ましたのは玉音放送が流れた後。捜しに来た母から「お父さんも、お兄ちゃんも、お姉ちゃんも駄目だった」と聞かされた。不思議と悲しさはなく、どうやったらかたきが討てるか、そればかり考えたという。
 
 (2013年8月6日付夕刊、当時80歳)

高知のニュース 戦後75年 言葉を刻む

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月