2021年 12月08日(水)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2020.04.07 08:37

失われた三嶺の美 元森林管理署員が香美市役所で写真展

SHARE

撮りためた写真を説明する青木英雄さん(香美市役所)

 約30年前の高知県香美市物部町の三嶺山系を記録した写真展「わたしが一番きれいだったとき」が、香美市役所の1階ロビーで開かれている。元森林管理署員が撮影した約60枚を蔵出し。シカの食害が進行する前の「失われた美」を伝えている。

 三嶺山系のシカの食害は、2000年代に顕在化。土壌の流出や倒木の被害が出ており、「三嶺の森をまもるみんなの会」などが保全活動を続けている。

 写真展を企画したのは、高知中部森林管理署の元職員でアマチュア写真家の青木英雄さん(80)=南国市日吉町。1986~2000年に撮影した中から自信作を選んだ。

みずみずしい緑に包まれたフスベヨリ谷

 新緑の渓流や紅葉にもえる山々、春の光を浴びて輝く山桜。今は頂上付近でしか目にできなくなったササ原が、尾根筋いっぱいに広がる光景も…。

 青木さんは「人は自然の恩恵を受けながら生きている。美しかった三嶺の姿を思い出し、自然を守る大切さを感じてほしい」と話している。

 入場無料で30日まで(土日祝休み)。(小笠原舞香)

高知のニュース 香美市

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月