2022年 01月27日(木)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2019.04.02 08:27

市民の表情に「時代」 写真家・武吉孝夫さん高知で30人撮影

SHARE

「令和」ボードを掲げてもらい、その表情を撮影する武吉孝夫さん(1日午後、高知市帯屋町1丁目)

 写真家の武吉孝夫さん(72)=高岡郡四万十町=は1日の新元号発表直後、高知市中心部を自転車で回り、出会った人に「令和」と書いたボードを掲げてもらい撮影した。写真に収めたのは幅広い年齢層の男女約30人。「新元号に立ち会った市民たちの表情に、『時代』が映し出されているのではないか」と意図を語る。
 
 武吉さんは高知市の町並みの写真集「昭和51年を歩く」シリーズ(計7巻)など、地域に根ざした丹念な記録写真で知られる。今回の企画は数日前に思いついたという。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知市 昭和51年 武吉孝夫の写真を歩く

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月