2016.03.16 10:35

禁断の実ブシュカンを! 高知県四万十市がPRビデオ制作

PVを紹介し、ブシュカンの魅力を伝える中平正宏四万十市長=左から2人目=ら(高知県庁)
PVを紹介し、ブシュカンの魅力を伝える中平正宏四万十市長=左から2人目=ら(高知県庁)
 ♪ユズじゃない スダチでもない 禁断の果実――。

 高知県四万十市が特産のブシュカンを宣伝するプロモーションビデオ(PV)を制作した。オリジナル曲「四万十ぶしゅかんの歌―禁断の果実」に乗せ、ブシュカンを使った料理や市内の見どころを紹介する内容。インターネットで公開している。

 かんきつ類のブシュカンは魚料理によく合い、地域で昔から親しまれてきた。四万十市は3年ほど前から生産者と協力し、収穫量の増加や販売促進に取り組んでいる。

 ご当地キャラクター「ぶしゅまろ」が、シンガー・ソングライター、堀内佳さんの歌声に合わせて市内各地でダンス。果汁のほか、皮や種も料理に使えるブシュカンの魅力をアピールし、四万十川の沈下橋やトンボ自然公園などの名所も紹介する。

 動画サイト「ユーチューブ」で公開中。四万十市内のホテルや飲食店には動画にアクセスするQRコード付きの卓上広告も置く。PVの制作費は約140万円(関連宣伝費用含む)。

 15日には中平正宏市長らPR隊が高知県庁を訪ね、映像を披露した。尾﨑正直知事は「土佐人でも知る人ぞ知るおいしさ。より多くの人が知ってくれたら」と話し、中平市長は「まだ全然メジャーじゃないが、本格的に売り出す。攻めていきたい」と意気込んでいた。

カテゴリー: 主要文化・芸能幡多


ページトップへ