2017.03.29 08:10

小社会 「春」という言葉の語感は、何となく優しい。しかし3月…

 「春」という言葉の語感は、何となく優しい。しかし3月の天気は実際には荒れやすい。「春嵐」「春疾風(はやて)」などという季語があるのがその証拠。この現象は日本だけではないようだ。
 
 チェコの国民的作家カレル・チャペックが書いた「園芸家12カ月」の3月の章には、「春が攻めよせてくるのを冬が抗戦している」とある。悪天候になるのは冬の寒気団と春の暖気団が衝突し、温帯低気圧が発達することによる。

 栃木県のスキー場で、高校の山岳部員らを対象に行われていた「春山安全登山講習会」が一瞬のうちに暗転した。雪崩に巻き込まれ生徒7人、教員1人が死亡。無残にも散った青春の命の重さに言葉を失う。
 
 専門家は「表層雪崩」の可能性を指摘している。固くなった古い雪の層の上に積もった新雪が、猛スピードで滑り落ちる。過去に何度も犠牲者を出している危険な雪崩である。当日は雪崩注意報などが出されており、大雪も降っていた。
 
 こうした状況から、登山経験の豊富な指導の教員らは、当初計画していた登山を中止している。しかし、雪をかきわけながら進む「ラッセル訓練」に切り替えて雪崩にのみ込まれた。悪天候の中で、いっそのこと訓練を中止する判断はできなかったのだろうか。

 自然への挑戦は人を鍛えもするし癒やしもする。しかし自然は刻々と表情を変え、リスクも潜めている。登山に限らず改めて細心の注意を払いたい。

3月29日のこよみ。
旧暦の3月2日に当たります。きのと う 四緑 仏滅。
日の出は5時58分、日の入りは18時24分。
月の出は6時47分、月の入りは19時39分、月齢は1.0です。
潮は大潮で、干潮は高知港標準で0時36分、潮位11センチと、12時53分、潮位7センチです。
満潮は6時45分、潮位181センチと、19時07分、潮位185センチです。


3月30日のこよみ。
旧暦の3月3日に当たります。ひのえ たつ 五黄 大安。
日の出は5時57分、日の入りは18時25分。
月の出は7時28分、月の入りは20時46分、月齢は2.0です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で1時13分、潮位21センチと、13時33分、潮位2センチです。
満潮は7時17分、潮位180センチと、19時51分、潮位180センチです。
カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ