2017.03.21 08:10

小社会 手紙や品物を受け取ったことを知らせるとき、…

 手紙や品物を受け取ったことを知らせるとき、「落手しました」という表現がよく使われてきた。謙譲語の「拝受」とともに、現代っ子にはなじみが薄い言葉かもしれない。
 
 辞書を引くと、落手にはもう一つ別の意味が載っている。「将棋や碁で、失敗した手。悪手」(広辞苑)。そういえば高知市のあたご劇場で上映されている夭折(ようせつ)の棋士、村山聖(さとし)さんを描いた「聖の青春」でも、せりふの中に出てきた。

 昔から「勝負はげたを履くまで分からない」といわれる。勝敗の行方はほぼ決まっているのに、たった一手の大ポカで形勢が一気に逆転してしまう。プロの世界でも少なくないようだから、アマチュアではなおのこと。あらゆる勝負事に当てはまるだろう。
 
 きのうの選抜高校野球大会。そんな慣用句を思い浮かべながら、中村高校を応援していた人も多かったのではないか。夏の大会で優勝経験がある前橋育英に先制され、追加点も奪われた。敗色が徐々に濃くなっていっても、「最後まであきらめないで」と自らに言い聞かせつつ。

 最終回に40年ぶりの1点を挙げたものの、「二十四の瞳」以来の勝利はならなかった。残念だが、地域は大いに元気づけられたはず。甲子園球場のアルプス席や地元の盛り上がりをあすの活力に生かしてほしい。

 あさって23日には明徳義塾も登場する予定だ。人気選手がいる強豪校を負かすという知らせが落手できれば。

3月21日のこよみ。
旧暦の2月24日に当たります。ひのと ひつじ 五黄 先勝。
日の出は6時09分、日の入りは18時18分。
月の出は1時07分、月の入りは11時40分、月齢は22.5です。
潮は小潮で、満潮は高知港標準で0時07分、潮位114センチと、10時44分、潮位122センチです。
干潮は5時05分、潮位94センチと、18時26分、潮位53センチです。

3月22日のこよみ。
旧暦の2月25日に当たります。つちのえ さる 六白 友引。
日の出は6時07分、日の入りは18時19分。
月の出は1時56分、月の入りは12時30分、月齢は23.5です。
潮は長潮で、満潮は高知港標準で2時14分、潮位117センチと、12時33分、潮位117センチです。
干潮は7時23分、潮位97センチと、20時05分、潮位49センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ