2017.03.08 08:10

小社会 「8・6」広島、「8・9」長崎の原爆忌、そして敗戦の「8・15…

 「8・6」広島、「8・9」長崎の原爆忌、そして敗戦の「8・15」。近年の災害では「1・17」の阪神淡路、さらに「3・11」が東日本の大震災。

 「『あの日』といえばどの日のことか。説明がなくてもすぐわかる」。もうすぐ発生から6年になる東日本大震災の翌年に出版された「震災三十一文字(みそひともじ)」のまえがきで、歌人の佐藤通雅さんが書いている。「『あの日』に、あまりにも大きい悲しみがあり、苦しみがあり、そして支え合いがあった」

 佐藤さんは、東北の地元紙「河北新報」で歌壇の選者をしている。震災後、寄せられた多数の歌をNHKの番組で紹介する機会があり、のちに作者の取材も添えて本がまとまった。
 
〈生きねばと仮設のそばの荒地借り/記憶辿りて野菜種まく〉。〈放射能は我が家の庭に満ちゐむか/姿をくらます悪魔のごとく〉…。被災体験の喪失感、亡き家族や知人への鎮魂、原発事故への強い怒りなど、作者たちの絞り出すような声が聞こえてくる。
 
 避難者の故郷への帰還も始まったようだが、帰りたくても帰れない人々がたくさんいる。原発の廃炉には途方もない時間がかかり、終わりの見えない除染が精神的にも行く手を阻む。国は被災者の心にどれだけ寄り添っているか。

 佐藤さんは歌が生まれるまでに時間がかかり、5年後、10年後に震災詠の生まれる可能性があるという。「あの日」は私たちの胸にも刻まれ続ける。


3月8日のこよみ。
旧暦の2月11日に当たります。きのえ うま 一白 赤口。
日の出は6時26分、日の入りは18時08分。
月の出は13時51分、月の入りは3時04分、月齢は9.5です。
潮は若潮で、満潮は高知港標準で3時38分、潮位133センチと、14時38分、潮位135センチです。
干潮は9時14分、潮位88センチと、21時33分、潮位20センチです。

3月9日のこよみ。
旧暦の2月12日に当たります。きのと ひつじ 二黒 先勝。
日の出は6時24分、日の入りは18時09分。
月の出は14時52分、月の入りは3時56分、月齢は10.5です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で4時31分、潮位145センチと、15時47分、潮位146センチです。
干潮は10時14分、潮位75センチと、22時27分、潮位10センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ