2017.03.05 08:05

小社会 5日は二十四節気の一つの「啓蟄」。「蟄」は隠れたり…

 5日は二十四節気の一つの「啓蟄(けいちつ)」。「蟄」は隠れたり閉じこもったりすること。その閉じた戸を開くのが「啓」。冬ごもりの虫が地表に出てくるころである。それにしてはこの言葉、春らしい陽気な響きがしない。

 こんなふうに考えるのはへそ曲がりの当方だけか? さにあらず。「我々のあまり得手でない〈ち〉とか〈つ〉といった破裂音が連らなっているせいか、声を出して読んでみても〈春めく〉という感じが伝わって来ない」

 詩人の薩摩忠さんも随筆「啓蟄」に書いている。もっとも暦の上のことであり、実際に虫がはい出してくるのは平均気温がもう少し上がってから。まだ地中から音沙汰がない状況であれば、少々語感が暗くても仕方ないか。

 人間界の方は一気に華やいできた。本県ではきのう、「志国高知 幕末維新博」が開幕。高知市の中心街が酒席と化す「土佐のおきゃく」も始まった。「まんが王国」をアピールする第3回全国漫画家大会議も控えている。

 高知への観光客数は近年、400万人の大台を維持している。さらに上積んでいくためにはおらんくの歴史や食、文化をより一層発信していくことが欠かせない。一連の春のイベントは文字通り、土佐観光の「啓蟄」であろう。

 〈芽吹く日の坂に楽譜の出版社〉坂本宮尾。街路樹のハクモクレンの芽も、音符のようにぷっくり膨らんできた。閉じた戸を開いて、さあ街に出よう。


3月5日のこよみ。
旧暦の2月8日に当たります。かのと う 七赤 先負。
日の出は6時30分、日の入りは18時06分。
月の出は11時05分、月の入りは0時04分、月齢は6.5です。
潮は小潮で、干潮は高知港標準で4時09分、潮位69センチと、17時17分、潮位33センチです。
満潮は10時14分、潮位144センチの1回です。

3月6日のこよみ。
旧暦の2月9日に当たります。みずのえ たつ 八白 仏滅。
日の出は6時28分、日の入りは18時06分。
月の出は11時56分、月の入りは1時07分、月齢は7.5です。
潮は小潮で、満潮は高知港標準で0時02分、潮位122センチと、11時19分、潮位134センチです。
干潮は5時16分、潮位86センチと、18時46分、潮位36センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ