2017.03.04 16:46

【おねがい!にゅーすけ】わんにゃん編、きょうの朝刊で!

やってきました、高知県立文学館!
企画展「犬、猫、作家。~作家とペットの素敵な関係~」
3月20日まで開催されているそうなので、
観覧してきました!

作家の愛犬、愛猫を取り上げた、この一風変わった企画展は、
難しそうな顔をしているイメージがある文豪たちの、
ペットには見せる素顔、ペットを題材にした作品を紹介して、
その人や作品に、親しみや興味を持ってもらおうというもの。

展示は、イヌやネコの進化の歴史からスタート。


大昔は、同じ動物だったのが枝分かれしたなんて、
知らなかったなあ。

イヌやネコについての豆知識や、各地の郷土玩具の展示も。


こうして見ると、地方ごとの特徴が出ていて面白い!


メインの展示は、安岡章太郎さんや大原富枝さん、
寺田寅彦さんや吉井勇さんを紹介。


ペットとのほほえましいエピソードが、
写真パネルや作品の生原稿などで楽しめるにゅ!

まだまだ展示はあるけど、それは実際の会場で。
最後のコーナーでは、付せんがいっぱい!


犬派か猫派か、犬や猫の好きなところ、
展示の感想を書いて貼るんだ!

ボクも書いてみようっと!


じゃーん!


そう、ボクは猫好きなんだにゅ。
犬と猫は仲が悪いってよく言われるけど、そんなことない!
土砂降りの雨なんて降らないよ!

さて、文学館ではこの日、今回の企画展に合わせて、
とある関連イベントが行われていたので、
そちらにもおじゃましました。


ボクたちが何をやったか気になる人は、
きょう4日付朝刊で紹介しているので、読んでみてね!

関連記事

もっと見る



ページトップへ