2017.02.26 08:10

小社会 もう終わりかけではないかと出掛けたら、思いがけず…

 もう終わりかけではないかと出掛けたら、思いがけず満開の美しさだった。高知城の詰門(つめもん)前の「しだれ梅」。降り注ぐような紅梅の下に入ると、上品な香りがほのかに漂う。黒板塀と白壁、それに青い空とのコントラストに見入った。

 高知城管理事務所によると、今年は見ごろがいつもの年より1週間ほど遅れたという。寒い日が続いたことや雨が少なかったためらしい。梅の段全体を見渡しても、まだ五分咲きといった感じの木がちらほらある。

 〈南枝北枝の梅 開落已(すで)に異なり〉。平安期の和漢朗詠集にある通り、場所によって花開き、花散るペースは微妙に違う。それもひっくるめて好ましいと詠んだのは俳人の蕪村。〈二もとの むめに遅速を 愛すかな〉

 こちらも全国一斉に華やぐとはならなかった。月末の金曜日に終業時間を早める「プレミアムフライデー(プレ金)」。政府と経済界の音頭取りで始まったものの、初回に対応したのは大企業を中心に一部にとどまったようだ。

 県内でも大半は様子見。消費喚起や働き方改革が大事だと分かっても、「残業を減らして定時に終わらせるのも難しいのに…現実離れしている」。県民の声がずばり言い表していよう。

 プレ金も景気回復の実感が大きく、人繰りに余力のある都会先行型か。アベノミクスの恩恵が津々浦々に行き渡らないのと似ている。地方と中央の遅速の差。これはやはりいただけない。 


2月26日のこよみ。
旧暦の2月1日に当たります。きのえ さる 九紫 友引。
日の出は6時38分、日の入りは18時00分。
月の出は6時16分、月の入りは17時38分、月齢は29.1です。
潮は大潮で、満潮は高知港標準で6時21分、潮位165センチと、17時53分、潮位171センチです。
干潮は12時04分、潮位45センチの1回です。

2月27日のこよみ。
旧暦の2月2日に当たります。きのと とり 一白 先負。
日の出は6時37分、日の入りは18時01分。
月の出は6時56分、月の入りは18時41分、月齢は0.5です。
潮は大潮で、干潮は高知港標準で0時24分、潮位-8センチと、12時38分、潮位35センチです。
満潮は6時50分、潮位170センチと、18時33分、潮位176センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ