2017.02.24 07:50

小社会 死去した映画監督、鈴木清順さんの代表作「ツィゴイ…

 死去した映画監督、鈴木清順さんの代表作「ツィゴイネルワイゼン」(1980年)は、一度見たら容易には忘れられない。陸軍士官学校のドイツ語教授の男が、奔放に生きる友人に翻弄(ほんろう)される。

 中でも異様なのが互いの頭蓋骨を交換する約束。「人間一番美しいのは余分な肉と皮をそぎ落とした骨だ」「僕が死んだら骨を君にあげるよ。焼かない前の生の骨を。その代わりだ。君が先に死んだら、その骨は僕がもらう」。友人はそう迫った。

 このやりとりは実話である。終戦後、四万十町出身の洋画家、今西中通が結核で早世する少し前、弟子の野見山暁治さんに持ちかけた。中通は寝たきりになっても、妻にパレットから筆に色をつけてもらい描いたという。

 貧困、病魔と闘った生涯の最後にたどり着いた究極の美。それが頭蓋骨だった。映画の中心にこのエピソードを据えた清順監督。物事の本質を突き詰めようとする異色の画家の、研ぎ澄まされた精神に共感したのかもしれない。

 独特の映像美は時に「難解すぎる」と酷評された。映画会社を解雇される憂き目にも遭う。それでも「清順美学」は曲げなかった。どんな苦境にも自分の色彩感覚や芸術観を信じる生き方が、中通のそれと重なるようにも思える。

 「そんな大げさなことじゃない。好きな娯楽映画を撮ってきただけだよ」。仙人のような風貌で、へっへっと笑ってそう言われそうな気もするけれど。


2月24日のこよみ。
旧暦の暦の1月28日に当たります。みずのえ うま 七赤 仏滅。
日の出は6時40分、日の入りは17時58分。
月の出は4時51分、月の入りは15時38分、月齢は27.1です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で5時22分、潮位147センチと、16時33分、潮位151センチです。
干潮10時56分、潮位67センチと、23時14分、潮位4センチです。

2月25日のこよみ。
旧暦の1月29日に当たります。みずのと ひつじ 八白 大安。
日の出は6時39分、日の入りは17時59分。
月の出は5時35分、月の入りは16時37分、月齢は28.1です。
潮は大潮で、満潮は高知港標準で5時52分、潮位157センチと、17時14分、潮位162センチです。
干潮は11時30分、潮位56センチと、23時49分、潮位-4センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ