2016.03.11 14:43

新たな表現へ意欲作 高知大日本画専攻生が高知市でグループ展

16人による22点が展示された「うらら展」 (高知市のファウストギャラリー)
16人による22点が展示された「うらら展」 (高知市のファウストギャラリー)
 高知大学教育学部生涯教育課程芸術文化コースで日本画を専攻している学生と、卒業生、教員の総勢16人のグループ展「うらら展」が、高知市本町1丁目のファウストギャラリーで開かれている。3月14日まで。

 芸術文化コースは2015年度から募集を停止しており、現在の日本画専攻学生は3、4回生の7人。創画会准会員の野角孝一高知大学講師が指導している。学外での成果発表の場として卒業生も参加して定期的にこの時期に展覧会を開いている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能教育高知中央


ページトップへ