2017.01.01 08:04

古地図を手に高知城下を歩こう 「志国高知 幕末維新博」の舞台

 約400年前の17世紀初頭に土佐藩初代藩主の山内一豊によって整備された高知市の城下町。今年3月から始まる観光キャンペーン「志国高知 幕末維新博」の舞台となる幕末期の城下町はどのような景観だったのだろう。当時の城下町を描いた古地図をもとに、県立高知城歴史博物館の学芸員と維新博の取材を担当する記者が高知市中心部を歩いた。 ...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能幕末維新博観光


ページトップへ