2016.12.29 08:15

2016年読者が選ぶ県内10大ニュースが決定 高知新聞

 高知新聞社が募集していた2016年「読者が選ぶ県内10大ニュース」が12月28日、決まりました。

(1)しんじょう君 悲願の日本一(11月)
(2)高知、徳島で初の合区参院選(7月)
(3)パラ車いすラグビー池選手が銅(9月)
(4)黒潮町で世界高校生津波サミット(11月)
(5)山本氏入閣、TPPで失言連発(8月)
(6)大型客船寄港に沸く(通年)
(7)県人口 初の全市町村減(1月)
(8)高知沖に米軍機墜落(12月)
(9)中村高40年ぶり秋季野球県予選V(10月)
(10)東部道が空港ICまで延伸(4月)
 次点 13年ぶりに大相撲高知場所(10月)


応募総数913通
 1位は老若男女から幅広く6716点を集めた「しんじょう君 悲願の日本一」。全国のご当地キャラクターや企業マスコットの頂点を決める「ゆるキャラグランプリ」に初エントリーした2013年の14位から4回目の挑戦で念願を果たし、高知県内外のファンが沸き返りました。全国区になったしんじょう君から2017年も目が離せそうにありません。

 2位は4958点の「高知、徳島で初の合区参院選」。同じ日本一でも、こちらは高知県出身候補の不在も響き、全国最低の投票率となりました。続く3位にはリオデジャネイロ・パラリンピックのウィルチェアー(車いす)ラグビーで主将としてチームを引っ張り、日本初の銅メダル獲得に貢献した池透暢(ゆきのぶ)選手の活躍が、県内ニュースでも「銅」に輝きました。

 4位には11月に幡多郡黒潮町で開かれた「世界高校生津波サミット」が入り、10月の「中村高40年ぶり秋季野球県予選V」も9位にランクイン。土佐路の秋に幡多が注目されるニュースが続く中、おらんく大臣の失言にあきれたり、米軍機の墜落に不安を覚えたりする出来事も重なりました。

 応募総数は2015年より116通多い913通(はがき523通、ネット390通)でした。たくさんのご応募ありがとうございました。


1位 しんじょう君 日本一
ゆるキャラの頂点に県民も熱狂―。高知市の帯屋町商店街で行われた応援感謝パレードには2千人以上が詰め掛けた(11月23日)

(2)高知、徳島で初の合区参院選
徳島・高知選挙区は全国からも注目を浴びた。写真は大勢の報道陣が取り囲む中、高知市の日曜市で行き合う与野党の2陣営(6月26日)

(3)パラ車いすラグビー 池選手が銅
3位決定戦でカナダ選手にタックルを浴びせる高知市の池透暢選手。気迫で悲願のメダルを手に入れた(9月18日、リオデジャネイロ)

(4)黒潮町で世界高校生津波サミット
インドネシア、ブルネイ、フィジー、ペルー、ギリシャ…。30カ国から約360人の高校生が参加し、防災・減災の重要性を訴える「黒潮宣言」を採択した(11月26日、黒潮町の土佐西南大規模公園体育館)

(5)山本氏入閣、TPPで失言連発
8月に安倍内閣の農相に就いた山本有二氏(衆院・高知2区)は、環太平洋連携協定(TPP)承認案の国会審議のさなかに軽率な発言を連発し、強い批判を浴びた。写真は目を閉じて不信任決議案の採決の投票を待つ山本氏=右から2人目 (11月10日、衆院本会議場)

(6)大型客船寄港に沸く
寄港ラッシュで県内観光地などに中国人観光客らの波、波、波。写真は本県に来る客船としては過去最大の16万8千トンの「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」から下りる乗客(6月29日、高知市の高知新港)

(7)県人口 初の全市町村減
2015年10月1日現在の県人口は確定値で72万8276人。戦後初めて全市町村の人口が減る局面に入り、集落維持や少子化対策がますます重要になっている(高知県中部)

(8)高知沖に米軍機墜落
米軍岩国基地(山口県)所属のFA18戦闘攻撃機が墜落し、パイロットが死亡。写真は稲田朋美防衛相に対し、事故原因の究明や再発防止策が取られるまで、高知県上空を含む「オレンジルート」での米軍機の低空飛行訓練の中止を米側に申し入れるよう要請する尾﨑正直知事(12月9日、防衛省)

(9)中村高40年ぶり秋季野球県予選V
明徳義塾高を破って優勝を果たし、喜びに沸く中村高ナイン。来春の選抜高校野球大会の21世紀枠候補に選ばれており、「40年ぶり」の吉報が届くか(10月9日、高知市の春野球場)

(10)東部道が空港ICまで延伸
高知東部自動車道・高知南国道路が高知龍馬空港インターチェンジ(IC)まで延伸。高知市五台山から同空港までの8.8キロがつながり、時間短縮や渋滞緩和につながった(4月23日、南国市田村)

最高点は367点の大塚さん(宿毛市)、池田さん(高知市)
 「読者が選ぶ県内10大ニュース」は、応募はがきで皆さんが1位に挙げたニュースを10点、2位9点、3位8点…10位1点として集計。応募者全員の得点を合計し、上位10項目を「10大ニュース」としました。

 「10大ニュース」で1位になったニュースを応募者が1位に挙げていた場合、10×10で100点を獲得。2位となったニュースを2位に挙げていた場合、9×9で81点。仮に3位のニュースを10位に挙げていれば、8×1の8点で計算しました。

 1位から10位までパーフェクトで当てた時の総得点は(10×10)+(9×9)+…(2×2)+(1×1)=385点。

 集計の結果、2016年もパーフェクト的中者はなし。最高得点者は宿毛市平田町戸内の大塚美恵さん(56)と、高知市はりまや町3丁目の池田寛さん(38)で、367点でした。おめでとうございます。

 規定により上位得点者10人(1人または1家族で複数入賞の場合は、上位入賞のみ採用させていただきました)、それ以外の応募者の中から抽選で10人に各1万円を贈ります。

 最高得点者2人以外の賞金当選者は次の皆さん。

 千葉県浦安市、佐々木和麻(23)▽高知市北端町、山岡武史(52)▽高知市朝倉己、竹内直人(66)▽香美市土佐山田町久次、依光良子(73)▽高知市北端町、佐々木昭信(52)▽高知市鴨部1丁目、柳井裕行(53)▽高岡郡津野町姫野々、和田正臣(51)▽高知市はりまや町2丁目、坂本真人(73)▽香南市野市町母代寺、上田香代子(65)▽土佐市宇佐町宇佐、横川孝子(53)▽高知市北竹島町、杉本雅志(63)▽高知市鴨部高町、青木京子(80)▽高知市みづき3丁目、岩崎澄子(61)▽長岡郡大豊町寺内、小笠原昭夫(72)▽高知市針木本町、辻優子(66)▽高知市東秦泉寺、小木曽勝春(72)▽香南市野市町西野、渡部舞雪(15)▽高岡郡越知町越知甲、井上弘章(34)

カテゴリー: 社会


ページトップへ