2016.03.02 14:18

スラリーアイス海外展開へ外務省職員が高知県中土佐町を視察

スラリーアイス製造装置を視察する外務省職員=左端(中土佐町久礼)
スラリーアイス製造装置を視察する外務省職員=左端(中土佐町久礼)
 魚介類の鮮度保持効果が高い「スラリーアイス」の製造装置を開発した高知県室戸市の泉井鉄工所(泉井安久社長)が、国際協力機構(JICA)の支援を受け、インドネシアでのビジネス展開を目指している。1日には外務省の職員が高岡郡中土佐町の納入先を訪れ、製造施設を視察した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済主要高幡


ページトップへ