2016.02.29 16:26

高知県宿毛市で梓立祭 小野梓・没後130年で早稲田大・総長講演

受賞した子どもと握手を交わす鎌田薫総長(高知県宿毛市宿毛文教センター)
受賞した子どもと握手を交わす鎌田薫総長(高知県宿毛市宿毛文教センター)
 没後130年を迎えた高知県宿毛市出身の法学者、小野梓(1852~1886年)を顕彰する梓立(しりつ)祭が2月27日、宿毛文教センター(宿毛市中央2丁目)で開かれた。梓は早稲田大学の前身、東京専門学校の設立に尽力し、早稲田大学の“建学の母”と呼ばれている。この日は早稲田大学の鎌田薫総長も講演した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育


ページトップへ