2016.02.29 16:24

新聞を通じて人とつながり 高知市で県内8校が実践報告

NIEの取り組みが発表された実践報告会(高知市本町2丁目の高知サンライズホテル)
NIEの取り組みが発表された実践報告会(高知市本町2丁目の高知サンライズホテル)
 2015年度の高知県NIE実践報告会が2月28日、高知市内で開かれ、高知県内8校の実践指定校が、新聞を通じて子どもたちが地域や社会の多様な人々とつながりを深める取り組みなどを発表した。

 高知県NIE推進協議会(会長=藤田尚文・高知大学副学長)の主催で、教育関係者ら約50人が参加した。発表した8校は山田小学校、岡豊小学校、高知小学校、蓮池小学校、東中筋小学校、行川小中学校、清水中学校、窪川高校。

 各校は、新聞への投稿や「はがき新聞」などのNIE活動が他者との交流拡大に結び付いた事例などを報告。また、NIEを全校で展開するため「NIE系統表」を策定した学校も多くみられた。

 このほか、自ら考え表現する力を高めるための新聞づくり学習の例や、新聞を読む習慣の定着、学習意欲や自尊感情の向上といった取り組み成果が発表された。

カテゴリー: 教育


ページトップへ