2016.01.28 10:45

高知市の土佐女子中2年生が全員でジュニア防災検定

真剣な表情で検定に取り組む中学生(高知市の土佐女子中学校)
真剣な表情で検定に取り組む中学生(高知市の土佐女子中学校)
 受け身ではなく、主体的に防災を考えていこうと、土佐女子中学校の2年生全員220人が27日、高知市追手筋2丁目の土佐女子中学校で「ジュニア防災検定」を受検した。

 ジュニア防災検定は、自ら判断して行動できる「防災力」の育成を目指し、小中学校の児童生徒を対象に2013年から防災検定協会が実施している。筆記、家族と震災について考えるリポート、ポスター作成など自由課題の3段階で試験が行われる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ