2016.10.05 08:00

小社会 「競争するのはあまり好きじゃない」。あまたの頭脳が…

 「競争するのはあまり好きじゃない」。あまたの頭脳がしのぎを削る研究者の中から、世界最高峰の賞を射止めた人がそう言う。ノーベル医学生理学賞に決まった東京工業大学の大隅良典・栄誉教授が、自己を語ってみせた。

 他に先んじて結果を出す競争への拒否反応は、研究者らしからぬことなのか。そうではあるまい。研究の世界にもある「流行」は追わず、人がやらない自らの地平を切り開いての受賞である。

 こういう姿勢をどう表現すればいいのか。探すうちに小島直記著「一燈(とう)を提げた男たち」の序言が浮かんだ。「一燈を提げて暗夜を行く。暗夜を憂うることなかれ。ただ一燈を頼め」。

 燈は灯で「あかり」のこと。江戸後期の儒学者佐藤一斎の「言志晩録(げんしばんろく)」にある言葉。手探りで進む暗夜の道は孤独であり、ときに不安や憂いに襲われる。それでも手に提げた一つの灯をかざせば、やがて前途に希望の光が見える。競争とは無縁の、わが道を行く。

 近年は学問の世界でも、目先の成果を追い求める競争原理が幅を利かす。競争を苦にする人や競争に向かぬ人まで巻き込んで、社会全体が目を三角にして先を争っているかのようだ。余裕をなくしては、息苦しさが増す。

 五輪のメダル数に小中学生の学力テスト…。競争やランキングの話題は尽きないが、それが好きではない人にも道は開ける。提げ持つ「一燈」さえあれば、案ずるに及ばない。

10月5日のこよみ。
旧暦の9月5日に当たります。かのえ さる 一白 先勝。
日の出は6時03分、日の入りは17時45分。
月の出は9時30分、月の入りは20時26分、月齢は4.1です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で1時47分、潮位44センチと、13時57分、潮位82センチです。
満潮は8時12分、潮位178センチと、19時47分、潮位182センチです。

10月6日のこよみ。
旧暦の9月6日に当たります。かのと とり 九紫 友引。
日の出は6時04分、日の入りは17時44分。
月の出は10時22分、月の入りは21時06分、月齢は5.1です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で2時19分、潮位48センチと、14時28分、潮位92センチです。
満潮は8時50分、潮位169センチと、20時14分、潮位174センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ