2016.09.23 08:00

小社会 富山市を訪れた人ならきっと気がつくだろう。…

 富山市を訪れた人ならきっと気がつくだろう。街中の至る所が美しい花々に彩られていることに。道路脇の柵や街灯などに設置されたかごの中に飾ってある。歩いていてちょうど目の高さにあるため、余計に映えて印象に残る。

 花の交換や水やりも含め、市の事業費は年間約7千万円。なぜそれほども財政にゆとりがあるのか。地元紙の北日本新聞の仲間の話では、立山連峰の雪解け水もあって水が豊富なことから進出企業が多いのが一因。

 それ以上に大きい要因として勤勉な県民性を挙げる。昼間こつこつと働き夜は飲みに出ても、のどを軽く潤したらさっと引き揚げる働き者が多いという。お国自慢に多少の誇張はつきもの。それでも市民の平均月収の多さは日本有数、と聞けば納得もさせられよう。

 そんな真面目な富山人でなくとも、市議会の「公費天国」ぶりにはあきれてものが言えない。政務活動費を不正に請求した議員の辞職が相次ぎ、補欠選挙を行わざるを得ない始末だ。北陸の「花の都」に泥を塗った罪は重い。

 昔から富山の薬売りは先に薬を置いていき、次回の訪問時に使った分だけ代金をもらう。まず人の役に立つことを行い、利益は後に回す「先用後利」。市議の振る舞いはその伝統からも遠い。

 先人の爪のあかを煎じて飲ませたい議員の存在は、富山以外でも指摘されている。おらんくの議会も改めて、要チェックである。


9月23日のこよみ。
旧暦の8月23日に当たります。つちのえ さる 四緑 赤口。
日の出は5時54分、日の入りは18時01分。
月の出は23時19分、月の入りは12時33分、月齢は21.7です。
潮は小潮で、干潮は高知港標準で4時29分、潮位54センチと、16時37分、潮位116センチです。
満潮は11時18分、潮位157センチと、22時24分、潮位163センチです。

9月24日のこよみ。
旧暦の8月24日に当たります。つちのと とり 三碧 先勝。
日の出は5時55分、日の入りは18時00分。
月の入りは13時29分、月齢は22.7です。
潮は小潮で、干潮は高知港標準で5時47分、潮位63センチと、18時30分、潮位124センチです。
満潮は13時07分、潮位152センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ