2021.10.14 08:45

高知県内小中学校、不登校率が全国最多 1000人当たり25.2人 前年度比121人増

 文部科学省が13日に発表した2020年度の問題行動・不登校調査で、県内の小中学校の不登校(1年間に30日以上欠席)の児童生徒は1238人で前年度から121人増えた。千人当たりの人数25・2人は全国(20・5人)で最も多く、ワースト1位は15年度以来。

 小学校の不登校は377人(前年度比43人増)、中学校861人(同78人増)。不登校は全国的に増加傾向で、県内でも13年度から増え続けている。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育高知のニュース教育教育

ページトップへ