2021.10.14 08:35

マイタケ、土佐の山の味!高知県三原村で生産本格化 集落営農組織「新たな特産品に」

今年から本格的な出荷を始めたマイタケ(土佐清水市有永)
今年から本格的な出荷を始めたマイタケ(土佐清水市有永)
 キノコ栽培に取り組んでいる幡多郡三原村下切の集落営農組織「フォレストファーマーズ下切」が今年から、マイタケを本格生産している。幡多地域の飲食店に出荷しており、代表者は「新しい特産品に育てたい」と話している。

 2017年3月に発足した「フォレスト―」は、高齢化などで管理が難しくなった農地を共同管理。県内の集落営農組織では珍しく林業にも力を入れ、民有林の間伐に励んでいる。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース農業幡多

ページトップへ