2021.10.04 08:33

ただ今修業中 海洋堂高知工場部デジタルチーム 安田恭輔さん(21)南国市

工房は通路から見え、来館者の視線を集める。「やりがいのある仕事ですが、人目も気になります」と笑う安田恭輔さん(南国市大そね甲の海洋堂SpaceFactoryなんこく)
工房は通路から見え、来館者の視線を集める。「やりがいのある仕事ですが、人目も気になります」と笑う安田恭輔さん(南国市大そね甲の海洋堂SpaceFactoryなんこく)

名を刻まれる職人に
 キャラものや恐竜、動物、ロボット…。細部まで作り込まれた色付け前のフィギュアが一体、また一体と、3Dプリンターで出力されていく。
 
 世界的フィギュアメーカー、海洋堂(大阪府門真市)が3月、南国市の海洋堂SpaceFactoryなんこく(海洋堂SF)でオープンした国内唯一の専門工房。原型のデータを基に、スタンダードレジン(光硬化性樹脂)製の商品出力を担う。ここでの出来が完成度を左右する、重要なポジションだ。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ