2021.10.03 08:45

高知県内の大学、後期も遠隔授業続く...サークル禁止も 学生に不満「早く対面に」

後期授業が始まった高知大キャンパス。対面授業がないため閑散としている(1日、高知市曙町2丁目)
後期授業が始まった高知大キャンパス。対面授業がないため閑散としている(1日、高知市曙町2丁目)
 高知県内の国公立3大学の後期授業が1日に始まった。県内感染は一時より落ち着き、学生の新型コロナウイルスワクチン接種も進むが、各大学とも遠隔授業はまだ続き、キャンパスににぎわいが戻る日は見通せない。大学関係者は「4年しかない大学生活。早く元通りにしたいが…」と焦燥感を口にする。

 高知工科大は10月中の講義を1、2年生は対面授業、3、4年生は遠隔授業に分ける。実験、実習は全学年が対面とする。11月以降は県内の感染状況を見て判断する。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育高知のニュース大学教育

ページトップへ