2021.09.25 08:33

絵本大賞作品を刊行、高知市のビルボ 「がるる にんじゃになる」

絵本大賞作品を手に、「子育ての参考にもなれば」と話す武内理恵総務部長(高知市のビルボ)
絵本大賞作品を手に、「子育ての参考にもなれば」と話す武内理恵総務部長(高知市のビルボ)
 広告の企画やデザインを手掛ける「ビルボ」(高知市薊野北町2丁目)が主催する第3回絵本大賞の受賞作品が決まり、大賞作品「がるる にんじゃになる」がこのほど刊行された。同社は「子どもが自分の好きなこと、得意なことを発見するお話。たくさんの方に読んでほしい」と話している。

 同社は社会貢献活動の一環として2018年度に絵本大賞を創設。ささめやゆきさん、石津ちひろさんら第一線で活躍する絵本作家らが選考委員を務め、大賞1点(賞金100万円)を書籍化している。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ