2021.09.24 08:34

秋の街を音楽で元気に 四万十市で県芸術祭開幕行事 高知県内5組演奏

ジャズとタップダンスのステージなども繰り広げられた「Kochi Music Wave」(四万十市中村天神橋)
ジャズとタップダンスのステージなども繰り広げられた「Kochi Music Wave」(四万十市中村天神橋)

 四万十市中村天神橋の「Shimanto+Terrace(しまんとテラス) はれのば」で23日、高知県内在住のアーティストらが出演する「Kochi Music Wave」が開かれ、秋空に優しい音色が響いた。

 県と県文化財団の主催。11日始まった県芸術祭のオープニングイベントで、同日に高知市でも開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止されていた。

 この日のステージには5組が出演。シンガー・ソングライターが歌うポップス、箏(そう)と尺八、タップダンスとジャズ、アコーディオンとウクレレなど、多彩な楽曲やパフォーマンスを披露した。

 高知市から訪れた矢野博惟さん(37)は「コロナで落ち込んだ雰囲気に、光が差すようなイベント。前向きな気持ちになれた」と笑顔で話していた。

 「―Wave」は25日にも安芸郡北川村のモネの庭マルモッタンで開かれる予定。(今川彩香)

カテゴリー: 高知のニュース音楽街ダネ幡多街ダネ

ページトップへ