2021.09.24 08:44

ナマズのすり身商品化、ベトナムで本格生産 高知県黒潮町の明神さん 新技術で臭み除去

ベトナムで養殖されるパンガシウス(明弘食品提供)
ベトナムで養殖されるパンガシウス(明弘食品提供)
 幡多郡黒潮町の「明弘食品」が、ベトナム産養殖ナマズを用いた高品質の業務用すり身を開発し、同国での生産態勢を整えた。練り製品(かまぼこ、ちくわなど)の業界で、淡水魚の利用は常識破り。同社は淡水魚特有の魚臭を除去する技術を開発。「海産魚すり身の最高級品に匹敵しながら低価格を実現できた」として、日米欧メーカーへの売り込みに着手した。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ