2021.09.23 08:40

願いが叶うパンどうぞ! 高知県土佐清水市の名勝、叶崎PRへ土曜限定で開店

焼きたての「叶崎ぱん」をPRする平林文子さん(左)と鈴木誠さん=土佐清水市大津
焼きたての「叶崎ぱん」をPRする平林文子さん(左)と鈴木誠さん=土佐清水市大津
 土佐清水市大津の名勝、叶崎をPRしようと地元の平林文子さん(67)らが、「叶崎ぱん」を売り出している。このほど地区に製造販売拠点を構え、土曜日限定で営業する。「添加物は極力使わず、素材にもこだわった。ぜひ食べて」と呼び掛けている。

 平林さんは幼い頃から菓子作りが好きで、ケーキ屋で働いた経験もある。12年ほど前に趣味で始めたパン作りが、同地区などを拠点に地域活性化に携わる鈴木誠さん(52)の目に留まった。

 叶崎には観音堂があり、参拝する人もいることから「願いが叶(かな)うパン」を企画。表面に「叶」の焼き印を押し、昨秋からイベントで販売し同市下川口の「集楽活動センター下川口家」の直販店にも出荷した。反応は上々で、鈴木さんの活動拠点の物件を製造販売スペースとし、今月19日に開店した。

 あんこ、カスタードクリームが入ったパンとライ麦パンとの3種類を用意。ほんのり甘いカスタードがお薦めだそうで、初日から早速近くの人が訪れて買い求めていた。

 「パン屋をやったら?と冗談で言われたこともあったけど、本当に実現するとは」と平林さん。「まず自分の願いが叶いました」と、うれしそうに話していた。

 パンは1個200円で、店内飲食時はコーヒー付き350円(いずれも税込み)。営業は土曜日の午前10時~午後3時で、約30個が売り切れ次第終了する。問い合わせは鈴木さん(090・9288・1935)へ。(山崎彩加)

カテゴリー: 街ダネ高知のニュースグルメ街ダネ幡多

ページトップへ