2021.09.22 08:35

雲間に待望の「中秋の名月」 高知市浦戸

雲間から顔を出して輝く満月(21日午後7時55分ごろ、高知市浦戸から多重露光で撮影)
雲間から顔を出して輝く満月(21日午後7時55分ごろ、高知市浦戸から多重露光で撮影)
 21日は「中秋の名月」。あいにくの曇り空だったが、高知市浦戸ではぶ厚い雲の切れ間からまんまるお月さまがぽっかり。海辺を柔らかく照らした。

 満月になるのは、地球から見て月と太陽がちょうど反対に位置した時。今年は8年ぶりに、旧暦8月15日の中秋と満月がぴたり重なった。

 待望の光が差すと、浜辺は影ができるほど明るくなった。友人と月見バーガーを片手に待っていた高知市の保育士、梅原あずささん(23)は「めっちゃきれい。来てよかった」と白い光に見とれた。

 月は満ち欠けの周期が一定でなく、中秋と満月は必ずしも一致しない。国立天文台によると、来年と再来年の中秋は重なり、2024~29年は1、2日ずれるという。(森本敦士)

ページトップへ