2021.09.22 08:40

高知市のアニタ助産院、お産最後に 自然な分娩支え22年、240人が産声

「尊厳を持って新しい命の誕生の瞬間を迎えたい。そんな当たり前の希望をかなえたいと思ってやってきた」と話す竹内喜美恵さん(高知市のアニタ助産院)
「尊厳を持って新しい命の誕生の瞬間を迎えたい。そんな当たり前の希望をかなえたいと思ってやってきた」と話す竹内喜美恵さん(高知市のアニタ助産院)
 県内の助産院で唯一お産を取り扱っていた高知市長浜のアニタ助産院が、出産部門を休止した。開業から22年間で取り上げた子どもは約240人。助産師の竹内喜美恵さん(74)は「自分の年齢やいろんな状況を考えた。命の誕生は一人一人異なる世界があり、たくさんの新しい世界を見聞きさせてもらいました」と、多くの出会いに感謝を込めた。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ