2021.09.18 08:35

認証店なら要請緩和 高知県が時短・酒類提供で検討

 高知県は感染の再拡大時に、「高知家あんしん会食推進の店」認証店について営業時間の短縮や酒類提供の自粛などの要請を緩和することを検討している。

 感染対策を施した飲食店を第三者が認証する制度は、昨年6月に山梨県が独自にスタート。政府も「(基準を満たせば)感染拡大を防止できるという一定のエビデンス(根拠)が得られている」として今年4月、全都道府県に導入するよう通知した経緯がある。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ