2021.09.18 08:37

高知市商店街の通行量最低、6月休日に初の4万人割れ  コロナ影響

 高知市12商店街の6月休日の歩行者が初めて4万人を割り、現行方式で調査を始めた1996年度以降で最低だったことが、県商店街振興組合連合会の調査で分かった。調査日は新型コロナウイルス感染拡大を受けて飲食店への時短要請が出されていた時期で、日中も外出自粛ムードが広がっていたことを裏付けている。

 調査は毎年6、12月に行っており、今回は6月18日(金曜日、雨)と20日(日曜日、晴れ)に実施。帯屋町1丁目など中心7商店街(計10地点)と、愛宕、万々、菜園場など周辺5商店街(各1地点)の、午前10時~午後6時の歩行者を数えた。

 その結果、休日は2年連続の減少となる3万8670人で、コロナ禍で前年より大きく落ち込んだ2020年6月をさらに13・5%下回った。平日は1・8%増の2万9997人で2年ぶりに増加したが、雨のためアーケード街を通った人が多かったことも背景にあるとみられる。

 中心街は近年、帯屋町チェントロやオーテピアができ、休日歩行者は増加基調に。コロナ禍前の19年には、ダイエーショッパーズ高知店や映画館があった05年に迫る水準に回復していたが、感染拡大による外出自粛ムードが人出を大きく抑制したことがうかがえる。

 休日の地点別では、帯屋町1丁目が前年比26・2%減の9111人で初めて1万人を割り、帯屋町2丁目も35・0%減の7236人で4千人近く落ち込んだ。中心10地点の合計も14・2%減だった。

 一方、日常の買い物で利用されることが多い周辺商店街は1・8%減にとどまり、外出自粛の影響は限定的だった。

 同連合会の広末幸彦理事長は「調査日はコロナの影響を大きく受けたが、感染者数が減ると人出が戻る日もある。一喜一憂できない。今は収束後に力を発揮できるように、商店街や個店の魅力を高めていきたい」と話している。(井上智仁)

ページトップへ