2021.09.17 08:35

コロナリスク40分の1 ワクチン2回接種後2週間経過で 高知県、8月感染者を調査

 高知県内で8月に新型コロナウイルスに感染した1382人のワクチン接種歴を調べたところ、ワクチンが十分効果を発揮するとされる「2回目接種後に2週間経過」した人は25人で、10万人当たりの感染者の発生率は未接種の人の約40分の1だったことが分かった。県が、国の情報共有システム「HER―SYS(ハーシス)」のデータから算出し、16日発表した。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ