■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2021.09.15 17:03

グリーン水素発生装置を月産1万台:エナプターがノルトライン・ヴェストファーレン州で水電解装置大量生産施設の起工式

AsiaNet 91658 (2107)

【ザーベック(ドイツ)2021年9月14日PR Newswire=共同通信JBN】
話すのではなく、行動する。

*エナプター・キャンパスはAEM式水電解装置の大量生産を可能にし、エナプターの生産施設を世界中に広げる青写真となる

*8万2000平方メートルの敷地に、2023年までに水電解装置の生産施設、保管倉庫、オフィス、研究開発施設が建設される

*起工式には、ノルトライン・ヴェストファーレン州エネルギー相のAndreas Pinkwart博士とザーベック市長のTobias Lehberg博士のビデオ・メッセージが寄せられた

クリーンテック企業エナプター(Enapter)(WKN: A255G0)は14日、グリーン水素を発生させる水電解装置の大量生産施設の起工式を行った。8万2000平方メートルのエナプター・キャンパスは、ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州ザーベックにある気候コミュニティーに建設され、電力は全て地元産の再生可能エネルギーで賄われる。エナプターは、低コストの水素製造ソリューションの需要急増に対応するため、水電解装置の生産能力を月産1万台に引き上げることを当面の目標としている。

エナプターのSebastian-Justus Schmidt最高経営責任者(CEO)は起工式の開会あいさつで「グリーン水素の製造コストを大幅に引き下げ、地球規模の気候目標を達成するには、既存の技術をスピードアップする必要がある。当社は全DNAを早急な研究、開発、市場参入に集中させており、本キャンパスは『話すのではなく、行動する』をモットーとする当社の気候変動への貢献だ。あらゆる規模のプロジェクトに対応できるモジュラー式のコンパクトなAEM式水電解装置の生産拡大は、気候危機への取り組みに大きく貢献するだろう」と語った。

現在の計画では、エナプター・キャンパスの建設費は約1億500万ユーロ。建設パートナーのGoldbeckは、2022年第4四半期から段階的に生産を開始できるよう、意欲的なペースで建設を進めていく。2023年には、大量生産品の最初の顧客への納入が始まる予定。本事業により、ザーベックでは約300人の雇用が創出されると見込まれている。

水電解装置の自動大量生産により、エナプターは装置のコストを引き下げ、グリーン水素をすぐに化石燃料に対抗させることができるようになる。大量生産に必要な機械の開発は、ノルトライン・ウェストファーレン州経済・イノベーション・デジタル化・エネルギー省から約936万ユーロの支援を受けた。

ノルトライン・ヴェストファーレン州経済・イノベーション・デジタル化・エネルギー相のAndreas Pinkwart博士は「ノルトライン・ヴェストファーレン州は、エナプターという産業界の気候に優しい方向への転換を推進する強力なパートナーを得て、気候保護の目標達成を支援するとともに、地域に新たな雇用機会をもたらしている」と語った。

エナプターは既に、40カ国の70以上のインテグレーターやプロジェクトデベロッパーに、特許取得済みのAEM(陰イオン交換膜)式水電解装置を提供している。AEM式水電解装置は標準化されているが、さまざまな用途に柔軟に対応できる。2022年には、420台のAEM式水電解装置を積み重ねた初のメガワット級AEM式水電解装置であるコンテナタイプのAEMマルチコアの提供を開始する予定。

同族経営の建設会社のJan-Hendrik Goldbeck CEOは「われわれは、エナプターの地球温暖化防止に対するダイナミックなアプローチに深い感銘を受けた。エナプター・キャンパスの建設に協力し、彼らの水電解装置生産の急拡大に貢献できるのは、誇りであり、大変うれしい」と語った。

エナプターのプレスキットは、以下からダウンロードを。https://www.enapter.com/groundbreaking

▽エナプター(Enapter)について
エナプターは、化石燃料に代わる高効率の水素発生装置を製造している、受賞歴のあるエネルギー技術企業である。特許取得済みで実績のある同社の陰イオン交換膜(AEM)技術により、低コストでプラグアンドプレイ式の水電解装置を大量生産し、あらゆる規模のグリーン水素を生み出せるようになった。このモジュール式システムは、40カ国のエネルギー、モビリティー、産業、暖房、通信などの部門で使用されている。エナプターはイタリア、ドイツ、タイ、ロシアにオフィスを構えている。詳細については、https://www.enapter.com/ を参照。

▽問い合わせ先
Martin Jendrischik
mjendrischik@external.enapter.com
+49 151 2391 5780

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1625530/Enapter_Campus.jpg
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1312105/Enapter_Logo.jpg

ソース:Enapter GmbH



【URL】:https://kyodonewsprwire.jp/release/202109150112

ページトップへ