2021.09.15 08:35

【地震新聞】海底崩落で津波「高知でも」 現地見た多田・高知河川国道事務所長に聞く インドネシア・スラウェシ島地震3年

液状化による地滑りで消滅した内陸部の集落(写真はいずれもインドネシアのスラウェシ島=多田直人さん提供)
液状化による地滑りで消滅した内陸部の集落(写真はいずれもインドネシアのスラウェシ島=多田直人さん提供)
内陸部 液状化の被害甚大
 2018年9月、インドネシアのスラウェシ島を最大震度6強の大地震が襲った。死者・行方不明者は約4500人。この地震が特殊だったのは、わずか数分で津波が押し寄せたことと、液状化により内陸部でも「村が丸ごと消える」ほどの地滑りが起きたこと。国土交通省高知河川国道事務所長の多田直人さん(44)は当時、防災政策の専門家としてインドネシアに派遣されていた。そこでの教訓は南海トラフ地震にも通じるという。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ