2021.09.14 08:45

コロナ禍が影...高知県内職場いじめ4割増で最多の606件 ストレス増で問題顕在化

 高知労働局が2020年度に受け付けた職場のいじめに関する相談件数は前年度比41・9%増で、過去最多の606件となったことが分かった。新型コロナウイルス関連のいじめが急増し、同労働局は「感染対策で勤務形態が変わるなどして職場のコミュニケーションが減ったことが一因」とする。コロナ禍が職場にも暗い影を落としている。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ