2021.09.09 08:31

児童が育てた米、道の駅で販売 黒潮町・南郷小 

道の駅「ビオスおおがた」でスタッフに米を託す南郷小学校の児童(黒潮町)
道の駅「ビオスおおがた」でスタッフに米を託す南郷小学校の児童(黒潮町)

 幡多郡黒潮町浮鞭の南郷小学校の児童が作った米が、近くの道の駅「ビオスおおがた」で販売されている。8月末に収穫した新米で、児童は「すぐに売れるかな」と楽しみにしている。

 同校は毎年、5年生が授業でコシヒカリを栽培し、自分たちで収穫。「クジライス」と銘打って同道の駅などで販売している。今年も地元農家の協力で収穫し、1袋3キロの米を100袋用意した。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育高知のニュース農業教育幡多

ページトップへ