2021.09.09 08:34

高知県の鳥・ヤイロチョウ避難?四万十町の繁殖地に外来種「サンジャク」森の一角から姿消す

ヤイロチョウ(四万十町内)
ヤイロチョウ(四万十町内)
中国湖北省で撮影されたサンジャク(2009年、生態系トラスト協会・松村伸夫さん提供)
中国湖北省で撮影されたサンジャク(2009年、生態系トラスト協会・松村伸夫さん提供)
保護団体が情報求める
 高知県と高岡郡四万十町の鳥、ヤイロチョウが、長年繁殖活動が確認されていた同町の森林から姿を消していることがこのほど分かった。社団法人生態系トラスト協会(同町大正)は、近年すみ着いた外来種のサンジャクに脅かされている可能性が高いとし、詳しい調査や対策の必要性を訴えている。

 同協会は、1995年度からヤイロチョウを調査。全国からの寄付で購入した町内外計約300ヘクタールの保護区を中心に生態調査や森林保全を続けている。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ