2021.09.04 08:43

高知市のコロナ療養ホテルに侵入し1泊  20代男性「友人に会いに」

 新型コロナウイルス感染の軽症者が療養する高知市のホテルに1日夜、外部の20代男性が立ち入り、知人の10代男性の部屋に1泊する事案があったことが分かった。高知県が3日発表した。

 説明によると、男性は1日午後11時45分ごろ、感染者用入り口から侵入。声掛けした警備員に「関係者だ」と言い、階上に向かった。運営スタッフがエレベーターが停止した階の様子を廊下から確認し、県は高知署に相談。「騒いでいる様子はなく、事件性は低い」「就寝時間帯に各部屋の内部を確認するのは難しい」として翌朝まで様子を見る判断をしたという。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ