2021.08.31 08:40

【写真特集】池、悔しさの中に充実感 車いすラグビー2大会連続銅 東京パラ

東京パラリンピック中、ピッチの内でも外でも、日本代表の先頭には常に池がいた。高い壁に立ち向かい、乗り越え、そして銅メダルを獲得する様は、池の生き方そのものだった(国立代々木競技場の写真はいずれも佐藤邦昭撮影)

車いすラグビー日本代表の東京パラのフィナーレを飾る集合写真。池=前列右から7人目=は「最高の仲間」と、銅メダルの喜びを分かち合った

 2大会連続でパラリンピックの銅メダルを獲得した車いすラグビー日本代表。主将の池透暢(ゆきのぶ)(41)=高知市、日興アセットマネジメント=は、攻守にわたって、闘志あふれるプレーでチームを引っ張った。

 目指してきた金メダルに届かなかった悔しさはもちろんある。しかし、池は「金で終わって『すごかったね』と言ってもらうのじゃなくて、『惜しかったね』『次も応援するで』と言ってもらえるような戦い方を最後に見せられたのはよかったかな」と充実感も口にする。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ