2021.08.31 08:46

高知県内の外国人技能実習生「家族に会いたい」コロナで母国帰れず悲嘆 検査・隔離の自己負担が重荷

ベトナムに帰れず農家で働き続ける実習生のニエさん(土佐市宮ノ内)
ベトナムに帰れず農家で働き続ける実習生のニエさん(土佐市宮ノ内)
 新型コロナウイルスの影響で、外国人技能実習生が実習期間を終えても母国に帰れなくなっている。ベトナムなどは帰国者に自己負担でPCR検査や施設での隔離生活を義務付けており、その費用を賄えないため。「家族に会いたい」。高知県内の実習生からも切実な声が上がる。

 「背が伸びたみたい」。土佐市のブンタン農家で働くベトナム人実習生、イ・レウィ・ニエさん(23)が、スマートフォンで妹の写真を見つめる。

 4年前に来日。手取りで10万円ほどの月収は故郷でコーヒー豆を栽培する両親の収入を大きく上回るといい、妹2人の学費や生活費のため給料の大半を送金してきた。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ