2021.08.30 08:47

主将・池(高知市)、圧倒的プレーで銅「今一番輝くメダル」東京パラ 車いすラグビー

ゴールラインを目指し、全力で進む主将池。豪州主将バット=右端=と何度もぶつかり合った(国立代々木競技場=佐藤邦昭撮影)
ゴールラインを目指し、全力で進む主将池。豪州主将バット=右端=と何度もぶつかり合った(国立代々木競技場=佐藤邦昭撮影)
〈東京パラリンピック 車いすラグビー3位決定戦〉29日 日本 60-52 豪州

 初めの一歩は、1人暮らしを始めることだった。交通事故で生死の境をさまよい、車いす生活になった。2年以上に及ぶ入院生活が終わってすぐに1人で暮らし始めた。食事の準備も皿洗いも全部、慣れない車いすでやっていくと決めた。そこで得た自信をかき集めてスポーツを始め、仕事に就き―。

 事故から20年余。池透暢は、たくさんの困難と挫折を乗り越え、一歩一歩を踏み出してきた。気の遠くなるような積み重ねの上に、東京パラの銅メダルはある。「銅で怒られるかもしれないけど、それでも僕の中では今一番輝くメダルなんだなって、高知に持って帰ります」。最高の勲章を提げ、故郷へ。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ