2021.08.27 08:35

高知県内で接種の1300人異物確認なし モデルナワクチン問題

 米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの異物混入問題で、高知県は26日、同じ製造ラインで同時期に作られたワクチンが県の集団接種と2団体の職場接種で計1300人に使われたと明らかにした。いずれも異物混入は確認されず、健康被害の報告もないとしている。

 県健康対策課によると、県の高知新港での集団接種で230人に、2団体の職場接種で1070人に使われた。3会場とも容器からワクチンを注射器に取り込む際は、2人体制で異物混入がないか目視でチェックしており、異物は確認されなかったとしている。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ