2021.08.21 08:35

時短事業者に独自の協力金、1日1万円 南国市と香南市

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、南国市と香南市は20日、それぞれ県の時短要請に協力した市内事業者に1日1万円(最大14万円)の協力金を独自給付することを決めた。

 南国市は事業費1800万円を専決処分する方針で、9月中旬から申請を受け付ける。香南市は予算1680万円を市議会で議決後、同下旬から受け付ける予定。両市とも県の協力金を受ける事業者が対象で、申請後2週間ほどで支給する。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ