2021.08.20 08:35

土佐塩の道保存会(香美・香南市) 命の道から人つなぐ

名物の「竹弁当」と「土佐塩の道保存会」のメンバー(香美市物部町庄谷相)
名物の「竹弁当」と「土佐塩の道保存会」のメンバー(香美市物部町庄谷相)
 「見て、バラがきれい」「こんな険しい道を馬を引いて歩いたなんて!」

 5月中旬、しっとりと雨にぬれた幅約50センチの山道を、約100人が列を連ねて歩く。山深い香美市物部町と、塩の産地だった香南市赤岡町を結んだ「塩の道」。かつて人々の暮らしを支えた産業道は今、ウオーキングコースとして脚光を浴びている。

 きっかけは20年前の春。香美市の公文寛伸さん(83)ら有志8人が地元の山で、道しるべの石「丁石(ちょういし)」を掘り起こし、復活の機運が高まった。文献を調べ、斜面に階段を設け、標識を立て、埋もれていた道を整備。旅の安全を祈った道中の馬頭観音堂も修復し、足で歴史を感じられるようにした。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 観光高知のニュース歴史・伝統香長

ページトップへ