2021.08.18 08:39

土佐清水市・竜串東エリアに人呼ぼう 住民ら「シェアショップ」開設 雑貨、菓子など販売

多彩な出品でにぎわう新店舗(土佐清水市竜串)
多彩な出品でにぎわう新店舗(土佐清水市竜串)
 土佐清水市の移住者らが雑貨や焼き菓子などを出品販売する新店舗「Earth Cafe senryu」がこのほど、同市竜串の「レストハウス千竜」内にオープンした。県立足摺海洋館「SATOUMI」を訪れる観光客を、飲食店などがある地区東側エリアに呼び込もうと住民らが企画。週末などに営業し、主催者らは「人の流れをつくりたい」と張り切っている。

 竜串地区には、海洋館やスノーピーク土佐清水キャンプフィールドなどの西側エリアと、市立貝類展示館「海のギャラリー」や飲食店などの東側エリアがある。昨夏の海洋館リニューアルで観光客は急増したものの、東側への流れをどうつくるかが課題になっている。

 父が東側エリアでグラスボートを運営する橋本美江さん(36)が、市内で飲食店を営む正木恭子さん(48)に「東側にも店があるとアピールしたい」などと相談。「人が集える場所をつくろう」と、8年以上前に閉めた千竜の土産物販売スペースを活用して出品者が品物を持ち寄って販売する「シェアショップ」を構想し、移住者らに声掛けした。

 千竜に眠っていた昔の土産物もリメークして店頭に並べ、グラスボートのPRコーナーも用意。12日にプレオープンし、14、15日には5人の移住者らが、おむすびやマフィン、かき氷、着物の布を使った手作り下着など、多彩な品を販売した。

 千竜の岡崎福恵さん(65)は「若い子たちがにぎやかに店を開けてくれてうれしい。これをきっかけに、ここで商売をやりたいという人が出てきてくれればいいですね」。

 次回は28日正午~午後4時ごろの予定。正木さんは「平日でも出店したい人がいれば開けることができると思う。いろいろな可能性が広がる場所にしたい」と話している。(山崎彩加)

カテゴリー: 観光高知のニュース観光幡多

ページトップへ