2021.08.17 08:35

コロナワクチン 四万十市102回分廃棄、保管冷蔵庫の扉開く

 四万十市は14日、市内の民間医療機関で米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの保管にミスがあり、17瓶(102回分)を廃棄したと発表した。

 市によると、医療機関は13日に市からワクチンを受け取り、施設内の冷蔵庫で保管。14日午前8時半ごろ、医師と看護師が冷蔵庫の扉が少し開いていることに気付いた。連絡を受けた市が県とファイザー社に問い合わせ、「保管温度が適正だったとは言えず使用に適さない」と判断し、廃棄したという。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ