2021.08.08 08:40

伊野駅が「竜とそばかすの姫」仕様に!駅舎内をラッピング JR四国が企画、観光周遊に期待

映画「竜とそばかすの姫」のシーンで壁を飾ったJR伊野駅舎(いの町)
映画「竜とそばかすの姫」のシーンで壁を飾ったJR伊野駅舎(いの町)

 高知が舞台のモデルとなったアニメ映画「竜とそばかすの姫」に登場するJR伊野駅(吾川郡いの町)で7日、駅舎の一部などを映画のイラストで装飾した特別ラッピングが披露された。

 映画では主人公が伊野駅を利用しており、JR四国が企画した。駅舎内の壁面に「舞台のモデル伊野駅へようこそ!」とのメッセージとともに映画の場面を30枚ほど並べ、駅名標にもイラストを施した。

 お披露目式では池田牧子町長が「伊野駅を中心に観光客の周遊促進を進めたい」とあいさつ。地元の伊野商業高生徒も招かれ、3年の川崎涼楓さん(18)と松岡真輝さん(17)は「思ったより大きくきれいに描かれていた。見た人にまた来たいと思ってもらいたい」と笑顔だった。

 同社によるとラッピングは10月末までの予定で、11月以降についても調整中という。(山崎友裕)

ページトップへ