2021.08.06 08:38

被爆女性(高知市)惨状回顧 「原爆忘れたいが思い出す」

100人以上の死に直面 ■ 偏見恐れ口閉じた76年
洋子さんが手にする被爆者手帳は、所々ひび割れている(高知市内、画像の一部を加工しています)
洋子さんが手にする被爆者手帳は、所々ひび割れている(高知市内、画像の一部を加工しています)
 1945年8月6日、広島に世界で初めて原爆が投下された。被爆者の中には社会の偏見や無理解から体験を語らない人も多い。14歳の時に動員先で被爆し、100人以上の死に直面した高知市の洋子さん(90)=仮名=も「損はあっても得はない」と、口をつぐんだまま過ごしてきた。それでも戦後に600人近くいた県内の被爆者が104人(3月末現在)に減る中、「匿名で構わなければ」と本紙の取材に応じた。

 高知市で生まれ育った洋子さんは、45年3月に同市の城東国民学校高等科(現在の中学校)を卒業し、翌月から広島市の軍需工場で働き始めた。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ